乳がん早期発見につながる自己触診

乳がんとは

自分で簡単にできる乳がん自己触診で、早期発見を。

乳がん

このページをご覧になっている女性の中で「自分の乳房に触れたことがない」「乳がん検診を一度も受けたことがない」という方は要注意です!

なぜなら、日本では乳がんは早期発見されていないのです。3センチ大の乳がんが自分の胸に育つまで気付かない人が多く、ひどくなるまで医者に行かず、「がんではない」と自己暗示を掛けてしまうというのが実情です。

乳がん

「手術が必要になってから病院にあわてて行く」のではなく、まずやるべきことは『早期発見』。
今行うべきことは、「女性自らの自覚と自己触診の習慣付け」です。

自覚さえあれば自分の乳房のしこりという異常に早く気づくのは可能です!
細心の注意を!

乳がん

乳がんの初期症伏は圧倒的に「しこりを感知すること」。乳がん患者の初期症状の80%以上が自らしこりを触れている事実があります。
また、8人に1人が生涯に乳がんになると推定されているアメリカでは30歳を過ぎたら乳がんと子宮がんの検診を年に2度受けるのが常識とされています。アメリカの乳がん発生率は日本の約3倍です。(日本の乳がんは20人に1人・アメリカは8人に1人)日本も着実にアメリカに近づいてきているのが現状と言えます。

乳がん生存率

以前は先進国の中でも最も乳がんの少ない日本でもこの10年間乳がんの増加が目立つようになり、現在では25人に1人は乳がんと推定されています。
日本女性の乳がん死亡率は年々増加し、1999年で8881名になり1955年の約6倍に達しています。臓器がんの中での順位は1位 胃、2位 大腸、3位 肺、4位 肝、そして5位 乳がんとなっています。
日本女性では35歳以降にかなり多く発生しています。40歳に入ると急増し、多いのは40歳代、50歳代、60歳代の順です。

皆さん、是非一度ブレストケアグラブをお試しください!

血液検査のすすめのページへ

現在地:トップページ乳がんとは